2017年06月16日

箱オリの活用

数年前までは、箱オリを嫌うハンターが多くいました。
1:小さいイノシシを猟期前に捕獲してしまって獲物が少なくなったと犬追い猟組は嘆いていました。
2:一度捕獲しても、数ヶ月は入らない。1年に2回獲れるのは珍しい。
3:目立つので、いたずらや、嫌がらせを受けやすい。
4:設置や移動が面倒。

最近は有害駆除で捕獲報償金がでる市町村役場が多くなりました。
一部の地方では、危険だからとか いろんな口実を作って、特定少数者にのみ報償金がでるようになっている地方もあるようです。捕獲動物の猟銃による止め刺しを依頼すると ¥5000- 支払う事例もあるそうです。

20170612_mini.jpg

電殺器を使用すると、箱おりの活用ができるようです。
1:銃声がしないので、近くにいるイノシシ・鹿が驚かない。次に捕獲するまでが短期間となるようです。
2:静かに処理できるだけでなく、血液などの飛散が無いので 場が荒れない。警戒心を高めないようです。
3:刺突電極をサンドペーパーで磨くなど、電気が流れやすいと瞬間で処理できる。場が荒れない。

刺突電極は、通電すると熱が発生して、イノシシや鹿の処理数が多くなってくると電極に獣脂が付着して電気がながれにくく、抵抗値が高くなります。
先日は刺突電極をサンドペーパーで磨きました。処理頭数が多くなって、先端が黒くなっていました。

刺突した瞬間、鹿は横に飛んでメッシュ内に激しくぶつかって倒れました。
そのまま目を開いたままで、実に瞬間処理でした。

箱オリの設置場所、エサの置き方、見回りのやり方 コツがわかるまで時間がかかります。
ささいな、小さなことが 大きな差を生じます。

設置場所が適切でないなら、誘引するという幾つかのテクニックがあります。
何より、動物が多く生息する場所に設置できるのが簡単で確実です。

マキえさを腐敗させない というのも大切です。
大自然には おいしくて栄養ある食べ物があちこちにあるはずです。
箱に誘いいれるには、場所の選定だけでない ちいさな発見 があります。

入り口の向きであったり、見回りの時間帯であったり、エサの置き方であったり・・・・
どこの地方でも同じではないと思います。
どこの地方でも、ほぼ同じ コツ もあると思います。

エサの間隔を 3日 5日 と時々、変えてみましょう。
何かの発見がありますようにと応援しています。


狩研究会
google-site-verification: google46e7a531ecac1e07.html
posted by 狩研 at 19:21| Comment(0) | 電殺基礎資料

2017年06月11日

はさみ所持 誤認逮捕

狩猟道具には銃刀法や軽犯罪法、条例などが適用されます。
適法であると思い込んでいても、違法であると思い込んでいる警察官に逮捕されることがある事例です。

電殺器の刺突部分が簡単に取り外せることで、狩研究会の電殺器はトラブル防止対策をとっています。
合法とか、適法とか押し問答になって 公務執行妨害 などになってしまうと悲惨です。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
引用
    刃7.5センチのはさみ所持 誤認逮捕を県警謝罪 毎日新聞2017年6月11日 13時28分
    兵庫県警葺合(ふきあい)署は11日、はさみを持っていた同県稲美町の会社員男性
    (25)を銃刀法違反容疑で誤認逮捕したと発表した。はさみの刃の長さが法令で認
    められる範囲内だったため、釈放したという。

    同署によると、10日午後11時45分ごろ、神戸市中央区割塚通3で不審な乗用車を
    署員が発見。車内からはさみが見つかり、刃の長さが約7センチだったことから、乗っ
    ていた男性を銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。

    しかしその後、銃刀法の規定で違反になるのは、はさみの刃の長さが8センチを超える
    場合だったことに気づき、測定し直すと約7.5センチしかなかった。ナイフの場合は
    刃の長さが6センチを超えると違反になるため、署員が勘違いしたという。

    同署は男性に謝罪し、約1時間20分後に釈放した。真鍋克巳副署長は「署員の認識不足
    で申し訳ない。今後、指導を徹底する」と陳謝している。【原田悠自】

    20170611hasami.JPG

    https://mainichi.jp/articles/20170611/k00/00e/040/135000c

    引用 おわり
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

私は数年前に、旗を振る警察官に誘導されて路肩に自動車を停めたところ、
シートベルトをしていなかったと言われました。
何のことか、理解するのに時間がかかりました。シートベルトはしていたからです。
別の警官がシートベルトをしていないと見ているので、あなたがシートベルトしていないのは確かであると、
断定されてしまいました。

私は驚いて、説明のしようがありませんでした。
していたものを していなかったと決め付けられるおそろしさ。
私は、おもわず暴言を吐いてしまう寸前まで怒りで一杯でした。そこで、こう言いました。
『 警察官のあなたは、自分の職をかけてまで、私がシートベルトしていなかったと主張するのか!』

結局、警察官から、今日は勘弁してやるから今後注意しなさいとのことで終わるも腹がたつこと・・・

いろんなことがあります。不愉快なことは早く忘れることです。
世の中には、理解できないことが多くあるようです。


狩研究会


 
posted by 狩研 at 16:14| Comment(0) | 電殺基礎資料

2017年05月30日

バッテリー式の電殺器

動物の心肺を瞬時に停止させる電殺器の電源には交流と直流があります。
狩研究会は両方を提供しています。

 1: 商用電源や発電機の200Vもしくは100ボルト交流を電源にする場合。

 2: 充電式のバッテリーを電源にする、12ボルトや24ボルト電源の場合。

20170530 008_mini.bmp

 いろんな雑誌や文献に類似の情報がでているものの、実際に検証してみれば、

 A: 電子部品が製造中止で、代替品が見つけられない事例が多くある。

 B: 検証回路を構築してみると実用性に疑問がある事例が多くある。

 上の事例では、互換品として同等品と見なした電子部品を使用しました。

20170530 003_mini.bmp

このように個々の電子部品の詳細仕様を検討することができるから、故障予防対策がとれるのです。

あらいぐま サル 鹿 イノシシ クマ キツネ ヌートリア ハクビシン ダチョウ などなど実績豊富です。

操作する安全と、電殺パワーと故障しにくい耐久性などを追い求めています。

御相談ください。  携帯電話 090-4648-9467

          メール kappaboss@aol.com

電殺器の詳しい 狩研究会公式HPは

          http://newfuel1.com/kariken/densatu.html

狩研究会
posted by 狩研 at 21:32| Comment(0) | 電殺基礎資料

2017年05月23日

イノシシの抵抗値

イノシシの抵抗値は測定条件で大きく異なります。

毛皮の下の脂肪層を突き抜けた状態での抵抗値を測定しました。
測定ポイントを変更すると、大きく異なる値になったり、少しだけでほとんど同じであったりします。

20170523 001_mini.jpg

測定したのは メス です。5月下旬に近いというのに脂肪層が意外にありました。
乳頭を見れば授乳開始していないと判断しました。
電殺処理の箱ワナなので、流血飛散や銃声などの環境負荷が少なく捕獲間隔が短いという特長があります。

20170523 002_mini.jpg

68kΩ 68キロオーム という測定値でした。

電殺パワーは、通電ポイントと通電時間と通電電流が重要です。

実際の処理においては計算値・理論推定値から、いかほどの余裕や安全率を見込むべきかが大切です。

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   一般の家庭商用電源の場合 100V、人体の電気抵抗 500オーム とされています。
     単純にオームの法則で計算してみると。
     電流=100V/500Ω  電流は 0.2A と計算されます。

   danger_tvma.bmp

画像クリックで拡大できます。

     上の表4.1.2 電撃時間に対する危険接触電圧と危険電流 を見れば、

     0.8秒 100V 200mA とあります。 1000mAで 1A なので、
     0.2A は 200mA となります。 200ミリアンペアと0.2アンペアは同じです。

     人体の電気抵抗 500オーム と家庭電源 の場合、 0.8秒 は危険ということです。
     濡れていたり、その他の悪条件あれば 10倍も100倍も危険が増す場合があるようです。
     もっと短い時間でもかなり危険になるということです。

     今回のイノシシの測定抵抗値は計算結果がすべてではなくて、
     その計算結果の、100倍 1000倍 の範囲でも考えてみなければなりません。
     数十分の一  数千分の一 の範囲でも考えてみなければなりません。

電気抵抗率の比較表を参考にしてください。

daititeikou01.bmp

     http://kariken.sblo.jp/article/110074834.html


ohmtable.bmp

     http://kariken.sblo.jp/article/106174489.html

     
電殺器の知識は以下から詳しく得られます。

   http://newfuel1.com/kariken/densatu.html



                                   狩研究会
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
posted by 狩研 at 14:38| Comment(0) | 電殺基礎資料

2017年04月27日

電殺器の左側電極

箱オリやワイヤーに接続する標準の左側電極はケーブルクランプです。

clipw2j.JPG

大型動物や小動物にも便利な追加部品に、コイル電極があります。

2017coil01j.JPG

丸型サイズの大きさだけでなく、素材による硬軟のバリエーションもあります。

2017coil02j.JPG

当然に電気が流れやすい素材であるのが前提です。

2017coil03j.JPG

素材Nは標準的な柔軟さで、素材2Hは硬くて、素材4Hにもなれば手で変形するのは無理です。

かなり硬い 素材H 刺突電極と兼用にできるのかと試作しました。


電気の流れやすさは、素材の見た目で 流れやすい傾向なのかどうかわかります。

電極素材と接触面積、接触圧力で獣体に流れる電気量は左右されます。

獣体への接触部位や、刺突部位の深度なども大きな電殺効果要因となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 御注意 : 素材N 素材H 素材2H 素材4H などの表記は狩研究会独自の表現です。
       業界の慣例呼称や、材料規格とは無関係です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ここは 狩研究会のブログです。
 
   狩研究会の電殺器は、以下の公式HPでもくわしく解説されています。

   http://newfuel1.com/kariken/densatu.html


狩研究会



posted by 狩研 at 00:30| Comment(0) | 電殺基礎資料

2017年04月23日

イノシシ電撃ショック発電機

エンジン式発電機ではイノシシに効果なかったと話される事例が複数あります。
そんなはずは無いと狩研究会は不思議に思います。

   ガソリン式や軽油燃料、ガス式など携帯型発電機は多種類あります。
   工事作業で使用する発電機では100Vだけでなく、200Vもあります。

活線状態や、手元入力接点への雨水侵入における感電など、とっても危険が心配な事例があります。

エンジン発電方式が原理的に電殺処理できないとは思えない。経験ないから不思議だと遠慮する。
どこが問題なのかと考えれば、

  1: 本当に通電できる状態になっているのか? エンジンは起動しているけれど・・・?

  2: 接続不良で電気が流れてきていないのでは・・・?

  3: イノシシに水をかけすぎて、獣体表面で短絡・ショートさせたのかな。。。?

  4: 発電機の安全装置を作動させてしまって通電できなくなった・・・・?

ほかに、どんな事例が想定できるかな?

スタンガンではイノシシ失神させることができなかったと、数名から教えていただいています。
剛毛をそって、皮膚を洗ってからスタンガンを接触させたら効果でるのかもしれないと考えています。

   一時的な筋肉麻痺だけの場合は、イノシシからの反撃が非常に危険です。

   電殺器の知識は以下から詳しく得られます。

   http://newfuel1.com/kariken/densatu.html


   官公庁からの御注文いただいています。納入実績多数です。

   2割〜3割は 30年以上の狩猟経験者のベテランの方々からの御注文です。
   確実な電殺パワーと、クリーンで安全なのが高く評価されています。
   捕獲場所が荒れないので、次の捕獲までの期間短縮になると喜ばれています。

   狩猟経験5年未満の方は、2割前後です。
   捕獲したイノシシや鹿を運搬する軽トラックの荷台が トンデモナイ 状態にならないのが電殺です。
   あちこち、突き刺してボロボロになってしまったジビエ素材への反省から電殺器を購入されます。


   使いやすくてパワーいっぱいです。







posted by 狩研 at 00:48| Comment(0) | 電殺基礎資料