2017年03月01日

新型電気棒を使いました。

箱オリに入った鹿に新型電気棒で電殺をしました。
今までのようには軽くなく、少し重たさを感じます。
細径なので、握った感覚も少し異なります。

驚いたのは、今までのように突き出したつもりの右側刺突電極が、 すっと 入るように深くささりました。
重さが少しだけれど増えたので、物理的現象の慣性であるようです。

深く刺しこまれた結果なのか、1秒未満で鹿は下に崩れ倒れました。
電気棒長さが 120cm の木質棒より少し長い 150cm だったけれど、かなり違った使用感でした。

試作で幾種類も使っていると、それぞれ使用感がかなり異なります。
使うまでは、それほど違うこともないだろうと思うのです。

先端脱着式の ねじ方式 なので、軽自動車に常時積載しておいても法律違反にはならないと考えています。
針状なので、刃先形状の場合に法律違反となる危険もないと考えています。
細い直径なので、狭いメッシュでも使えます。
丈夫な金属製を電気絶縁処理の配慮をしており、イノシシに噛まれても壊れない電気棒としました。


狩研究会
posted by 狩研 at 19:36| Comment(0) | 基本操作

2017年01月16日

根つけ ククリ元

積雪があると、ククリワナの移動や新設の動機が強くなります。

雪の上に足跡が続くので当然な欲求です。

     かじかんだ指先で新たな樹木に結びつけることができるのか?
     大きなイノシシや、大きな鹿の引っ張りに耐えられるのか?

 シャックルというネジ式はかなり無理です。
 ネジを緩めるのも、締めるのも ミトン手袋でも軍手でも困難です。
 降る雪が溶けて、ネジ部が凍結した経験があれば理解できます。


 ワイヤー端末処理が重要になる季節です。
 指や手を突いて、非常に痛い。


 対策はあって、事前の処理があります。
 対策はあって、くくりかたが あります。 ロッククライミングと同じくくりかたです。

 間違った情報公開がインターネットにあふれています。
 
狩研究会は過去から一貫して現物を全国各地に提供しています。変更はありません。

ネジシャックルや、何かの器具は使用せずに、単純にワイヤーのみで、すぐほどけて すぐ設置できる。

全国のどこでも設置できるパチンワナ や 法令制限ある大輪 そのどちらも同じです。


出版されている市販書籍やインターネットでは、私の知る範囲で同じなのはありません。

類似で、まちがっているのは九州地方にあるようです。


狩研究会
posted by 狩研 at 03:54| Comment(0) | 基本操作

2015年09月15日

電殺の体験報告 長崎県

電殺操作の具体的な事例を紹介します。
電殺の体験報告です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 引用 】

2015/09/14 15:16:20 東京 (標準時)

狩研究会 様

こんにちは。長崎県△□町役場の◎◎です。

本日午後から20kgの小さいイノシシが捕獲されたので、電殺器を初おろししました。

結果からいうと、完璧に電殺できました。
水を2ℓかけると、のどか乾いていたのか、ペチャペチャとなめ始めておとなしくなったところを、
大体心臓をめがけてひと突き。

一瞬で硬直して15秒くらいでガスを吐き出し、20秒で倒れ、25秒くらいで完全に倒れこみました。

今まで血を流す止め刺しばかり見ていたので、役場の関係者や捕獲者も感動の声をあげていました。

頭の中で何度もリハーサルしていたのが功を奏したのか、現場では落ち着いて作業することができました。

素晴らしい商品を提供していただき、誠にありがとうございました。

また何か故障や不明な点があれば連絡することがあるかもしれませんが、

その際はどうぞよろしくお願いいたします。

取り急ぎ、狩研究会さんに一言と思いメールしました。ありがとうございました。


△□町役場 産業振興課 農林係  ◎◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 狩研究会からのコメント 】

非常にわかりやすく、簡潔なレポートをありがとうございました。
今回は左側ケーブルクランプから床を通じての電流が効果的であったようです。


  水を2Lほどかけると、おとなしくなるというのは本当だったと驚かれたことでしょう。


これからの失敗として、次の項目に御注意してください。

1: バッテリー接続を忘れる。

2: 本体スイッチを入れ忘れる。

3: 押し込み続けないと電気が流れない、ことを操作者が忘れる。

4: 左側ケーブルの接続 ( コモン接続 とも呼びます。 ) を忘れるか不完全。


必ず現場で、事前に小型確認灯を点灯させるようにして下さい。


  適切に操作されたと喜んでいます。

  疑問があれば、何なりと御連絡ください。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


電殺器の紹介

http://newfuel1.com/kariken/densatu.html



狩研究会 のご案内

http://newfuel1.com/kariken/kariken.htm

spear_boar.JPG
posted by 狩研 at 19:50| Comment(0) | 基本操作

2015年01月22日

電極は、近づけてから差込んでください。

針状になっている電極を、イノシシや鹿の毛の中に差し込んでください。
アイスピックのように丸く尖っているので、少し押すだけで十分です。
ナイフや刃物で切り裂くのでなく、電気を流す針を差し込むだけです。

spear_boar.JPG


粘土に釘を刺すような、押し付けるように刺せば通電点を獣体内に置くことができます。

このとき、獣体が動いても追随できるように シーター機能 を持たせたヤリがあります。
遠くから電極を差し込めるように、延伸できるヤリがあります。

狩研の電殺ヤリには、いろんな工夫と安全配慮があります。

posted by 狩研 at 23:04| Comment(0) | 基本操作

2014年10月22日

2刺針法 180度

two180.jpg

電殺操作を2名以上で行えるならば、電極刺込み位置が広範囲に選べます。

電気は最短距離を流れると考えて、心臓が直線上にくるように導通ポイントを決めます。

電殺ヤリは短いと、獣体に接近するので攻撃される危険があります。

電殺ヤリは短いと、電極部が操作者に接触して感電する危険があります。

2刺針法 180度 の場合には ヤリが2本必要です。

ヤリだけが1本追加購入となります。

広範囲を導通ポイントにできて、心臓の近くに導通できるので作業効率が非常に良くなります。


狩研究会
posted by 狩研 at 23:09| Comment(0) | 基本操作