2017年05月06日

電殺配線の知識

電気部品の接合は信頼できて耐久性も求められます。
市販品の場合には製造コストを考慮しています。

clip_handa01.bmp

上の画像は下側が市販品の状態です。
試作・実験回路評価のとき、通電不良が発生しました。
順次点検していくと、配線が圧着不良で抜けていました。

電気部品によっては ハンダ溶着禁止 とする場合もあります。
可動性が無くなって、屈曲などの繰り返しで電線切断がおこる場所ではハンダしないようです。

圧着は専門工具でするので高い信頼性があります。
それでも、今回のように抜ける欠陥品が市販品に混入しているようです。

狩研究会の電殺器は、温度管理したハンダ溶着によって信頼性を高めています。
多くの部品で、専門の特殊工具による圧着と、温度管理された半田付けのダブルを行うようにしています。
今後、何かの不具合が報告された部分があれば予告無く改良していきます。

使う人が増えているので、よくも悪くも報告が増えるほどに使いやすく、耐久性向上とできます。


狩研究会
posted by 狩研 at 01:52| Comment(0) | 安全な仕様

2017年04月21日

一番危険で安全対策

電殺器の現地説明研修会において、市役所の有害駆除担当者から質問がありました。

   市役所からの質問 : 一番危険で、安全にするのは何ですか?

   狩研究会からの返答 : 規格検査合格の手袋です。

               ゴム手袋では、数値から安全性が保証できないと思われます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  狩研究会の電殺器は当初よりパワーアップしています。

  初期型では、電流 アンペア A 1000mA が小さかったのでホームセンターの台所用で対応。

  電殺器のパワーをアップさせたので、薄いゴム手袋やポリエチレン手袋では安全条件が無理。


  ドラッグストア・スーパー・コンビニ・ホームセンターでは販売していないと思います。
  電気関係の専門職が使用するホンモノが必要になるほどに狩研究会電殺器はパワフルです。

  
  狩研究会の電殺器は針先が脱着できる法律適合です。
  手元スイッチは低電圧なので感電危険が小さくなっています。
  左側電極はクランプかコイル電極の接触式なので、条件選択が多様になる安全配慮です。


  2017年夏型を準備しています。
  霧雨条件での安全性向上などを企画しています。
  イノシシ心拍数に対応した f Hz と、mA を考察中です。
  デバイスを変更するかもしれません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ここは 狩研究会のブログです。
 
   狩研究会の電殺器は、以下の公式HPでもくわしく解説されています。

   http://newfuel1.com/kariken/densatu.html





  狩研究会


  





posted by 狩研 at 00:59| Comment(0) | 安全な仕様

2017年04月18日

御不満と、話せばわかる・・・

電殺器を購入されてから問い合わせがある事例として、模倣製作目的がかなりあるようです。
どうして、こんなに太い電線を使う必要あるのだとお怒りの方がおられます。

電気は電線が太いほどに確実に大きな電気パワーを確実に伝えます。
そもそも、必要な電殺器のパワーを理解できているのならば とても太い電線は普通で、当然です。

細い電線を使いたいけれど、算数の電気計算や、安全率などを普通の設計手順で順次点検していけば、
ほとんど自動で こうなってしまいます。


特許とか実用新案とかの利益保護よりも、操作者の事故・損害賠償や危険回避を考えています。
狩研究会の電殺器は、ソコソコ かなり イロイロ考えてパワフルで、必要な安全配慮を思考しています。

具体的には指摘していますけれど、とんでもない危険な電気とめさし情報がインターネットにあります。
そのうち、とんでもない損害賠償の新聞報道やニュースになりそうな事例があると感じます。

狩研究会の電殺器は、きちんと明確に理屈や検査結果を持っています。
そもそも、事故回避は配慮しています。

こまごま、面倒な ていねいな作業をして出荷しています。

安くないけれど、高くない価格とさせていただいています。


狩研究会
posted by 狩研 at 01:58| Comment(0) | 安全な仕様

2017年04月04日

電殺器説明会画像 兵庫

電殺器の取り扱い説明は電話で充分なものの、現地での実際説明は安全使用を高めることができます。
今回は納入業者さんが近接2市を担当されていたということから合同説明会となりました。

年度末までの実施ということで、かなりあわただしくなりました。

CIMG1339_mini.BMP

今回の地域は、イノシシ生息に好適環境に思いました。
今後数年で、かなりの頭数に増えるは間違いないようです。

1333_mini.BMP

箱オリのトリガー部などを見れば地域における捕獲伝統が推測できます。
全国各地でトリガーは多彩で、
古くからの捕獲実績豊富な地域を比べると、同じではないけれどトリガーに共通性を見つけられます。

電殺器の現地説明会の良いところは、いろんな疑問に即座に応答できて、さらなる疑問に応えられます。

いろんな誤解をすべて解消することはできないけれど、危険性を指摘すると 知らなかったと驚かれます。


狩研究会
posted by 狩研 at 12:09| Comment(0) | 安全な仕様

2017年03月31日

電殺器の現地説明会 兵庫

昨日、2017年3月30日 兵庫県に電殺器の現地説明会講師として行きました。
今回の現地指導は暖かい日で、助かりました。
持参したデジタルカメラが不調なので、後日に画像を市役所の方からいただく段取りです。

今回は兵庫県内の別々の市が合同での開催という珍しい事例でした。

さて、今回も 安く簡単にしている事例があるとの御意見がありました。
狩研究会は独自に、安全であり必要であると考える仕様を提供しています。

先日、瀬戸内海地域のある市役所から出された電殺器の仕様では危険であると表明して入札辞退しています。
それぞれの考え方があり、予算制約があったり、納期制限があったりします。

その予算や納期では安全で納得のできる電殺器を納入できそうでないと判断したら辞退しています。
危険を予想しているのだから、予算優先で安全対策を省くことはしません。

いつか、どこかで危険な電殺道具による事故が発生するだろうと心配しています。
どこが、どうなのか念入りに説明していますけれど、
使っていただいて、経験を重ねていただいて納得していただけるものだとも思います。

講習会で、 『 ああ、アースをとるんですね。 』 とおっしゃった方がおられました。
他の講習会でも、同じことがあります。

私は、実際に次の動作をして説明します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 アース を とる   とは? 】

  はずす : とる  左側ケーブルクランプが箱ワナの金属部に接続されているのを、外す。

  つなぐ : とる 採る 獲る 捕る 摂る 左側ケーブルクランプを箱ワナの金属部に接続する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アースというのは地面に接地することで、電殺において足元に電極を打ち込んでは危険であり禁止です。

ささいな アイマイ な、 カン違いから重大な事故を発生させる蓋然性・確率が高くなる。

危険性がたかくなる表現は、絶対に使用してはいけません。事故を防止して予防すべきです。


左側ケーブルクランプを箱ワナ金属部に接続して、足元から電気を上にあげて感電させるのが電殺です。

くどいですか?


狩研究会


posted by 狩研 at 21:38| Comment(0) | 安全な仕様

2017年02月07日

イノシシ電気処理 鹿電気処理

電殺器の修理の依頼がでてきました。
30頭を処理したらアルミ軽量伸縮棒は故障したので、有料修理依頼が△〇◎市役所から。

2017年2月現在、狩研究会電殺器本体の故障情報はありません。
バッテリーの不具合相談も全くありません。

狩研電殺器の初期型においては、収納箱がなかったり 現場通電確認灯 デジタル電圧計 が無い。
あれこれ、必要な附属品がありません。

初期購入者への最新式追加を有料でおこなっています。
120センチメートル  1.2m 木質電気棒は 1本 ¥1500- ジョイントは ¥1000-
千五百円 千円   

軽量アルミ伸縮棒は地元のホームセンターで購入できます。
狩研木質電気棒は先端が樹脂製ネジで、市販品は知りません。
どこかで同等・類似時品が販売されているという情報は知りません。

木質棒とは異なる、感電領域が広い金属製前半分電気棒を試作中です。
木質棒は安価ですけれど、
金属製感電領域広域電気棒は いのしし噛み付き 猿にぎり 細目メッシュ捕獲おり などの対応品です。


日本全国各地で、あれこれ いろんな特別な事情があっても、狩研究会は対応してきています。


ばっちり きっちり はっきり きっぱり  


狩研究会

海外製を含めて、自作電殺装置の修理やパワーアップ。
操作感電防止の安全対策などします。

時々誤解あるのが、バッテリーだけを売って欲しい。
右側刺突電極だけを売って欲しい。

細い電線でスイッチONの活線のままで、イノシシに接近するようなメチャクチャ 危険が無謀で危ない。
いつか、どこかで 誰かが ・・・・・


狩研究会の電殺器は、必要な備品や機材がフルセットです。 一式です。

初期型からの、最新知見型への有料バージョンアップしています。


狩研究会
posted by 狩研 at 02:06| Comment(0) | 安全な仕様