2017年06月30日

謙虚なシロウトは最新式技術のハンター

イノシシや鹿やクマなどを倒すには鉄砲が必要です。
専門知識や高額な購入費用や警察の手続きなどで疲れはてます。

ジビエ、野生のオイシイ鳥獣肉を入手して好き勝手に料理してみたいと思いませんか?

狩研究会の電殺器ならば瞬殺です。
美味しい野生肉を、狩研究会の電殺器を使って瞬間での 絞め をしましょう。

    瞬間の即倒が標準です。
    電気通電条件なので、数秒の場合もあります。

    1アンペア 1秒 1クーロンが狩研究会の標準通電です。
    100kg以内のイノシシ・エゾ鹿・クマ・鹿・サル・アナグマ・ハクビシン。。。。
    素材の合成抵抗を考慮しているので、数秒以内が標準です。

    連続通電は ND です。
    たぶん、狩研究会の電殺器は、かなり連続通電できるかと推定しています。
    

予算に応じて、各種基礎理論やノウハウを教えます。

場所選定・狙い・捕獲・しとめ・前処理・解体・ブロック肉・味付け・料理方法 教えます。

誰でも同じだと思うのは、いっしょに楽しめる仲間が欲しいのかも・・・・?

乱獲しない・技法は誰にも伝授継承しないという人には キッチリ 教える場合あります。
場所選定・狙い・捕獲に関する前後は特定秘密です。
野生鳥獣の捕獲で生活できる時代ではありません。

     捕獲しながら保護的要素が必要です。
     捕獲実績ないと、専門家だと自慢する人達からの疑いに負けます。

しとめ・前処理・解体・ブロック肉・味付け・料理方法は特に非公開はありません。

伝統技法を安心して継承できる地域があればと思います。


狩研究会

【銃と電殺器の最新記事】
posted by 狩研 at 01:03| Comment(0) | 銃と電殺器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。