2017年05月19日

電殺の基礎理論

動物の心肺停止を迅速に確実に実施するには電気通電が確実で、安価です。

心臓は電気信号パルスで正常拍動しているので、電気ケイレンで麻痺できます。

狩研究会の電殺原理は、電気通電のクーロンです。通電部位は勝手の、通電自由自在です。


狩研究会の電殺器は、素材・抵抗値・電流・周波数・電圧・CMOS・FET などなど・・・

御希望に応じて対応させていただいています。


基本的な理屈は、狩研究会は クーロン です。

アンペアと時間です。


ただ、現実の電殺においては 

素材や噛み付き保護:法律や条例違反などを考慮して無資格合法を追いかけています。

現在まで違反 ゼロ です。


狩研究会
【電殺器が効果ある原理の最新記事】
posted by 狩研 at 01:48| Comment(0) | 電殺器が効果ある原理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。