2017年01月16日

根つけ ククリ元

積雪があると、ククリワナの移動や新設の動機が強くなります。

雪の上に足跡が続くので当然な欲求です。

     かじかんだ指先で新たな樹木に結びつけることができるのか?
     大きなイノシシや、大きな鹿の引っ張りに耐えられるのか?

 シャックルというネジ式はかなり無理です。
 ネジを緩めるのも、締めるのも ミトン手袋でも軍手でも困難です。
 降る雪が溶けて、ネジ部が凍結した経験があれば理解できます。


 ワイヤー端末処理が重要になる季節です。
 指や手を突いて、非常に痛い。


 対策はあって、事前の処理があります。
 対策はあって、くくりかたが あります。 ロッククライミングと同じくくりかたです。

 間違った情報公開がインターネットにあふれています。
 
狩研究会は過去から一貫して現物を全国各地に提供しています。変更はありません。

ネジシャックルや、何かの器具は使用せずに、単純にワイヤーのみで、すぐほどけて すぐ設置できる。

全国のどこでも設置できるパチンワナ や 法令制限ある大輪 そのどちらも同じです。


出版されている市販書籍やインターネットでは、私の知る範囲で同じなのはありません。

類似で、まちがっているのは九州地方にあるようです。


狩研究会
posted by 狩研 at 03:54| Comment(0) | 基本操作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。