2016年11月11日

ハラーム的な電殺 失神

電殺器の質問に、失神状態にできるかとの問い合わせがあります。
出力加減装置を使わないで、偶然に失神状態になって驚きました。

20161111yoneda_mini.bmp

前日は雨で、箱おりの底土は充分に湿気があって、濡れていました。
複数のイノシシが処理対象なので、対策用電気棒を使用しました。

   複数イノシシ捕獲対策電気棒とは、
   伸縮式の軽量電気棒では、噛み付かれて曲がったり、折れたりします。
   そこで、
   木質棒か、金属製筒の電気棒で 噛み付かれても耐久性あるようにしています。
   さらに、
   複数捕獲の場合は、シーター機能が大きい電極針のほうが 針がはずれにくい。


出力可変装置とは、
http://kariken.sblo.jp/article/175201491.html

electrical_adjust.bmp

イスラムでは、ハラームと呼ばれる決まりがあって、失神状態での処理が必要とされているそうです。

本日は、確実に卒倒して 目をあいたままに 規則的な呼吸を継続していました。
たぶん、
電殺処理中に横転して、体側面の獣毛が箱オリ底金属格子に接触していたので、
電気通電の制限になってしまったようです。


さらに、シーター機能が大きかったので いのししが感電しながら横転したとき、
皮膚の浅い部分に斜めに右側刺突電極が配置されていたのも、電気が弱く流れた理由にも思われます。


狩研究会
posted by 狩研 at 19:53| Comment(0) | Q&A 電殺器への質問
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。