2016年09月28日

イノシシの生食

狩研究会の獣肉の知見と指導です。

1: いのしし はどの部位も生食してはいけません。誰が どのような許可しても禁止です。

2: 鹿 は、過去には美味部位の、ある前提での生食が可能でした。現在は禁止です。不可能です。


どこの、誰が許可しようが 狩研究会の高価な光学顕微鏡をみれば、生食は危険すぎると理解できます。

狩研究会は、現物で 再現性ある危険性を リアルタイムで観察できる設備と知見を有しています。


ちなみに、過去は 

イノシシのオス生殖部 鹿のレバー 鹿の心臓 鹿の背ロース は生食していました。


実際に自分で確認できる設備があれば、寿命短縮と苦痛を約束されているのが 理解できます。


狩研究会
【シカ・イノシシのジビエ料理の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。