2016年08月17日

電気で、とどめする安全と安楽死

有害駆除のイノシシ、鹿だけでなく狩猟のクマや、アライグマでも共通するのは心臓と肺と筋肉です。

筋肉が電気刺激で硬直すれば、人工的なコムラガエリ、シャクヤクカンゾウが効果ある漢方薬・・・。

芍薬甘草は、脊椎狭窄症や椎間板ヘルニアの猛烈な痛みを弱くします・・・・  話題がそれた。


操作者は、1名でも2名でもできるのが狩研究会の電殺器です。

ビリットきたとき。スイッチを離せば 感電は停止するのが狩研究会の 電刺す です。

   知識 : スイッチには電源の直流13ボルト程度しか、かかっていないから安全な狩研電殺器。

150cm程度の延長できる、 PUSH ON プッシュ オン  押すだけ電気が流れる方式が狩研究会式です。

だから、事故を防げる対策しているのが狩研究会です。


アライグマ ハクビシン タヌキ キツネ イノシシ シカ クマ  どれも 50mAで安楽死。

ところが、

ヒトも 50ミリアンペアはかなり、確実に、ほぼ間違いなくアウトらしいです。

1アンペアは 1000mA   千ミリアンペアなので、心臓を直撃すれば瞬間で 即 アウト。


効果と、安全性の両方が必要だと考えたら、狩研究会の電殺器です。

電刺す です。



狩研究会
posted by 狩研 at 23:34| Comment(0) | 安全な仕様
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。