2016年08月11日

危険な電殺器は活線です。

電殺ヤリ、電殺器のインターネット情報を探すと危険な誤解情報が多くあります。

分野別で誤解も少し異なり、電撃ショッカー系に多くあるのは、電圧と電流の誤解のようです。

電気を流して感電させるという基本に多い誤解は、活線への知識不足や誤解や、思い込みです。

1: クロ線 シロ線 をそれぞれ、右手と左手に 銅線 を裸にして、むき出しで歩く・・・・。危険。

2: クロ線 シロ線、 どちらかの途中に 押しボタンスイッチをつける。危険です。

3: アース、コモン、ボンディング、活線で あさつゆに濡れた草木に頭や顔が触れると危険。

狩研究会の電殺器は対策済みです。

あなたが、イノシシや鹿に接近しようとしている時  こけて 電極が地面や、自分の体に接触したら?

安全な工夫をしていますか?


狩研究会
posted by 狩研 at 00:33| Comment(0) | 安全な仕様
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。