2016年05月07日

出力可変 追加装置

電殺パワー調整器

electrical adjust_mini.bmp

サイズ  135×75×50H   184g

電殺器の可変型に新方式の追加をします。
類似の市販品はいろいろあるけれど、実際に試してみれば可変範囲が狭くて効果が無い市販品もあります。
   電気回路構成によっては、低電圧だと加減できない場合もある類似の市販品もありました。

variable_power_osc_mini.bmp

従来の可変出力型は、電圧計と電流計がある可変式でした。
従来の可変式と組み合わせての出力微調整もできます。

動物の保護に関する理事会指令 93/119 EC において、
電流計と電圧計が操作者に見やすいことが求められています。

variable_pr01_mini.bmp

新型は電殺器の出力コンセントに差し込んで使用します。
つまり、電殺器と電気棒の間でパワーを加減させます。

あれこれ組み合わせての対照実験をおこない、これなら便利だとの結論に到達です。
VR抵抗を回して加減させます。

私が電子部品:半導体素子類をハンダ付けして作りました。
したがって、故障の判断や修理ができます。追加機能での特注もできます。


電殺パワーの調整は多くの方から強い要望がありました。
血抜きを最適にするためには失神状態であって、心臓が動いている必要があるとのことです。
パワー調整ができても運用において、希望する失神状態を実現できるのかどうかは決まりません。

電極を刺す位置やクランプ状態によって影響を受け、流れる電気の大きさが変わってきます。
パワー調整を効果的にするには、対象獣が動いて電極針がはずれないようにする必要があるかと思います。

電極針を刺す位置を 首後ろ 脊髄 などと試して、効果的な電極刺突位置が見つけられるかもしれません。

心臓近辺に電極針を刺して、心臓を動かす強制的な電気ケイレンをおこさせることもできるかと思います。
いずれにしても、
血抜き にどれほど効果があるのかは経験を積み重ねる必要がありそうです。

失神させるのにも経験が求められるかもしれません。
電気の流れる条件と通電場所、時間とパワーなどの複数要因があります。
posted by 狩研 at 19:20| Comment(0) | 電殺器の種類説明
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。