2016年01月08日

違法な構造 隠し刃 仕込み刃

止め刺しヤリ、とどめさし用刃物のに関する話題です。
インターネット情報は間違いや、誤解があって模倣は危険な場合があります。
以下の事例には注意すべきと指摘します。

銃刀法もしくは軽犯罪法によって処罰される危険がある事例です。
迷惑防止条例なども適用されてしまう危険があります。

1: 刃物や針状突起が固定されている棒の所持。自動車への積載。
2: 刃物や針状突起が外筒などで隠され、押し込めば出現する隠し刃 仕込み刃 とみなされる構造。

獣体に対する効果ばかりを優先に考える傾向があるのは非常に危険です。
法律などの解釈は現場運用で大きく異なります。
現場の警官が高圧的で、横柄な言動をおこなって抗議したとき 公務執行妨害 となる危険があります。
できるだけ、法律解釈の議論を避けるのが賢明だと考えます。

問題の所在は 法律ではありません。
問題のありかは、違法性を疑わせないことです。
正しいとか、合法だとかの解釈でなく現場での当事者にならないことです。

狩研究会の電殺ヤリは、先端が脱着できるようになっています。
針状突起電極は別の収納されており、電殺処理を実施する直前に 差込・ネジコミ をします。

小型の点灯確認ツールが付属しています。この点検ランプからは2本の電線がクリップとなっており、
左側クランプと右側針状突起電極にそれぞれクリップすれば、現地で通電確認できます。


狩研究会
posted by 狩研 at 16:37| Comment(0) | 危険に注意
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。