2014年11月01日

銃と電殺器の比較

電殺器と銃とを比較してみます。

銃の場合 

所持許可が必要です。銃の所持許可になるまで、大変に時間と費用がかかります。

オリ・ハコワナで捕獲した場合、

跳弾の危険があり、スラッグ弾やバックショットは危険なので小粒弾を接射撃で使用する場合が多い。

大きな銃声がするので、オリ・ハコワナやククリワナの設置場所に配慮が必要です。

銃の常時携帯は禁止で、捕獲を確認してから自宅へ銃と弾を取りに戻るように定められています。

発砲制限時間帯があり、太陽が昇ってから沈むまでが発砲可能時間帯です。

銃の使用禁止場所が散在しています。

銃の所持は各許可銃について、3年毎に煩雑な更新手続きが必要です。

更新書類には射撃場や狩猟での使用実績を証する書類や精神科の診断書が必要です。

毎年、警察署へ銃を持って行っての銃検査があります。

警察官による住宅内の保管状況確認の立ち入り検査が、各許可銃について3年ごとにあります。

専門の指導者による射撃の技能講習が3年ごとにあります。射撃場に出向いて受講します。

shotogun03.jpg

列挙して書くだけでも疲れます・・・・・・


狩研究会

【銃と電殺器の最新記事】
posted by 狩研 at 13:22| Comment(0) | 銃と電殺器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。