2014年10月17日

電殺ヤリの長さ

yari_long.jpg

電殺ヤリの長さが短いと危険です。

1: イノシシや鹿の反撃によって、跳ね飛ばされたヤリがヒトに接触しないように長くあるべきです。

2: 操作するヒトが、転んだり滑ったりした場合に電極が接触しては危険です。

3: 鉄砲の弾倉・薬室にタマが無い状態であっても、銃口の筒先はヒトに向けてはいけないのと同じく、

   ヤリ先はヒトから離れていなければなりません。

4: 狩猟の達人・プロとは、安全配慮も一流であるヒトのことです。



新燃料研究所
posted by 狩研 at 19:48| Comment(0) | 安全な仕様
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。