2018年09月17日

豚コレラ対策

2018年9月 豚コレラ対策 (狩研推奨消毒 酸性消毒 pH)

岐阜市で野生イノシシから豚コレラが見つかりました。
人間には無害とのことですけれど、養豚業には甚大な被害発生します。

豚コレラウイルスは温度にも強く、条件では数年活性あるそうです。
狩研究会はアルコールや逆性セッケンでの消毒や、
トイレ用品のサンポールの利用を提案します。
サンポールの主成分は酸性の塩酸です。

バケツ等の容器に水を入れて、サンポールを薄めて長靴の底を消毒しましょう。
サンポールは安くて入手しやすい薬品で、いっぱい薄めたら排水してもOK。

スーパーやドラッグストアで簡単に買えます。
イノシシのフンを踏んでいるかもわからないので靴裏を消毒しましょう。

豚コレラウイルスは強アルカリや、酸性に弱いそうです。

2018年9月17日 狩研究会

http://newfuel1.com/kariken/densatu.html

******************************************************************************
引用

ウイルスは65°C30分あるいは71°C1分の加熱処理によって完全に不活化する。しかし、0°C以下の肉中では不活化されることはなく、冷凍肉中では4年以上も安定で、チルド状態の肉中でも85日間は不活化されないといわれる。一方、肉を37°Cに加温しても7日〜15日間、50°Cでは3日間は生残し、血液中となると完全な不活化には68°C30分を要するとの報告もある。ウイルスの存在状況やわずかな温度の違いによって不活化に影響を及ぼすことから、国では加熱処理の有効温度(肉なら中心温度)を70°C30分以上あるいは80°C3分以上と定めている。豚コレラウイルスはpHの影響も受け、中性から弱アルカリ域では安定しているが、酸性や強アルカリ域では不安定である。生石灰(酸化カルシウム)、消石灰(水酸化カルシウム)、苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)といったアルカリ消毒剤や次亜塩素酸ナトリウムはもちろんのこと、エンベロープを有していることから、逆性石鹸(四級アンモニウム塩)によっても不活化される。加熱処理と同様、有機物や酸剤の混入状況によってはその効果は大きく変動することから、消毒や不活化処理等に際して注意が必要である。

引用元  農研機構
https://www.naro.affrc.go.jp/niah/swine_fever/explanation/classical_swine_fever/019952.html
******************************************************************************

posted by 狩研 at 17:44| Comment(0) | TV 新聞 ニュース