2017年05月30日

バッテリー式の電殺器

動物の心肺を瞬時に停止させる電殺器の電源には交流と直流があります。
狩研究会は両方を提供しています。

 1: 商用電源や発電機の200Vもしくは100ボルト交流を電源にする場合。

 2: 充電式のバッテリーを電源にする、12ボルトや24ボルト電源の場合。

20170530 008_mini.bmp

 いろんな雑誌や文献に類似の情報がでているものの、実際に検証してみれば、

 A: 電子部品が製造中止で、代替品が見つけられない事例が多くある。

 B: 検証回路を構築してみると実用性に疑問がある事例が多くある。

 上の事例では、互換品として同等品と見なした電子部品を使用しました。

20170530 003_mini.bmp

このように個々の電子部品の詳細仕様を検討することができるから、故障予防対策がとれるのです。

あらいぐま サル 鹿 イノシシ クマ キツネ ヌートリア ハクビシン ダチョウ などなど実績豊富です。

操作する安全と、電殺パワーと故障しにくい耐久性などを追い求めています。

御相談ください。  携帯電話 090-4648-9467

          メール kappaboss@aol.com

電殺器の詳しい 狩研究会公式HPは

          http://newfuel1.com/kariken/densatu.html

狩研究会
posted by 狩研 at 21:32| Comment(0) | 電殺基礎資料

2017年05月23日

イノシシの抵抗値

イノシシの抵抗値は測定条件で大きく異なります。

毛皮の下の脂肪層を突き抜けた状態での抵抗値を測定しました。
測定ポイントを変更すると、大きく異なる値になったり、少しだけでほとんど同じであったりします。

20170523 001_mini.jpg

測定したのは メス です。5月下旬に近いというのに脂肪層が意外にありました。
乳頭を見れば授乳開始していないと判断しました。
電殺処理の箱ワナなので、流血飛散や銃声などの環境負荷が少なく捕獲間隔が短いという特長があります。

20170523 002_mini.jpg

68kΩ 68キロオーム という測定値でした。

電殺パワーは、通電ポイントと通電時間と通電電流が重要です。

実際の処理においては計算値・理論推定値から、いかほどの余裕や安全率を見込むべきかが大切です。

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   一般の家庭商用電源の場合 100V、人体の電気抵抗 500オーム とされています。
     単純にオームの法則で計算してみると。
     電流=100V/500Ω  電流は 0.2A と計算されます。

   danger_tvma.bmp

画像クリックで拡大できます。

     上の表4.1.2 電撃時間に対する危険接触電圧と危険電流 を見れば、

     0.8秒 100V 200mA とあります。 1000mAで 1A なので、
     0.2A は 200mA となります。 200ミリアンペアと0.2アンペアは同じです。

     人体の電気抵抗 500オーム と家庭電源 の場合、 0.8秒 は危険ということです。
     濡れていたり、その他の悪条件あれば 10倍も100倍も危険が増す場合があるようです。
     もっと短い時間でもかなり危険になるということです。

     今回のイノシシの測定抵抗値は計算結果がすべてではなくて、
     その計算結果の、100倍 1000倍 の範囲でも考えてみなければなりません。
     数十分の一  数千分の一 の範囲でも考えてみなければなりません。

電気抵抗率の比較表を参考にしてください。

daititeikou01.bmp

     http://kariken.sblo.jp/article/110074834.html


ohmtable.bmp

     http://kariken.sblo.jp/article/106174489.html

     
電殺器の知識は以下から詳しく得られます。

   http://newfuel1.com/kariken/densatu.html



                                   狩研究会
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
posted by 狩研 at 14:38| Comment(0) | 電殺基礎資料

2017年05月19日

電殺の基礎理論

動物の心肺停止を迅速に確実に実施するには電気通電が確実で、安価です。

心臓は電気信号パルスで正常拍動しているので、電気ケイレンで麻痺できます。

狩研究会の電殺原理は、電気通電のクーロンです。通電部位は勝手の、通電自由自在です。


狩研究会の電殺器は、素材・抵抗値・電流・周波数・電圧・CMOS・FET などなど・・・

御希望に応じて対応させていただいています。


基本的な理屈は、狩研究会は クーロン です。

アンペアと時間です。


ただ、現実の電殺においては 

素材や噛み付き保護:法律や条例違反などを考慮して無資格合法を追いかけています。

現在まで違反 ゼロ です。


狩研究会
posted by 狩研 at 01:48| Comment(0) | 電殺器が効果ある原理

2017年05月06日

電殺配線の知識

電気部品の接合は信頼できて耐久性も求められます。
市販品の場合には製造コストを考慮しています。

clip_handa01.bmp

上の画像は下側が市販品の状態です。
試作・実験回路評価のとき、通電不良が発生しました。
順次点検していくと、配線が圧着不良で抜けていました。

電気部品によっては ハンダ溶着禁止 とする場合もあります。
可動性が無くなって、屈曲などの繰り返しで電線切断がおこる場所ではハンダしないようです。

圧着は専門工具でするので高い信頼性があります。
それでも、今回のように抜ける欠陥品が市販品に混入しているようです。

狩研究会の電殺器は、温度管理したハンダ溶着によって信頼性を高めています。
多くの部品で、専門の特殊工具による圧着と、温度管理された半田付けのダブルを行うようにしています。
今後、何かの不具合が報告された部分があれば予告無く改良していきます。

使う人が増えているので、よくも悪くも報告が増えるほどに使いやすく、耐久性向上とできます。


狩研究会
posted by 狩研 at 01:52| Comment(0) | 安全な仕様