2017年04月27日

電殺器の左側電極

箱オリやワイヤーに接続する標準の左側電極はケーブルクランプです。

clipw2j.JPG

大型動物や小動物にも便利な追加部品に、コイル電極があります。

2017coil01j.JPG

丸型サイズの大きさだけでなく、素材による硬軟のバリエーションもあります。

2017coil02j.JPG

当然に電気が流れやすい素材であるのが前提です。

2017coil03j.JPG

素材Nは標準的な柔軟さで、素材2Hは硬くて、素材4Hにもなれば手で変形するのは無理です。

かなり硬い 素材H 刺突電極と兼用にできるのかと試作しました。


電気の流れやすさは、素材の見た目で 流れやすい傾向なのかどうかわかります。

電極素材と接触面積、接触圧力で獣体に流れる電気量は左右されます。

獣体への接触部位や、刺突部位の深度なども大きな電殺効果要因となります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 御注意 : 素材N 素材H 素材2H 素材4H などの表記は狩研究会独自の表現です。
       業界の慣例呼称や、材料規格とは無関係です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ここは 狩研究会のブログです。
 
   狩研究会の電殺器は、以下の公式HPでもくわしく解説されています。

   http://newfuel1.com/kariken/densatu.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年07月27日
新型 電気ヤリ 
http://kariken.sblo.jp/article/180463735.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




狩研究会



posted by 狩研 at 00:30| Comment(0) | 電殺基礎資料

2017年04月23日

イノシシ電撃ショック発電機

エンジン式発電機ではイノシシに効果なかったと話される事例が複数あります。
そんなはずは無いと狩研究会は不思議に思います。

   ガソリン式や軽油燃料、ガス式など携帯型発電機は多種類あります。
   工事作業で使用する発電機では100Vだけでなく、200Vもあります。

活線状態や、手元入力接点への雨水侵入における感電など、とっても危険が心配な事例があります。

エンジン発電方式が原理的に電殺処理できないとは思えない。経験ないから不思議だと遠慮する。
どこが問題なのかと考えれば、

  1: 本当に通電できる状態になっているのか? エンジンは起動しているけれど・・・?

  2: 接続不良で電気が流れてきていないのでは・・・?

  3: イノシシに水をかけすぎて、獣体表面で短絡・ショートさせたのかな。。。?

  4: 発電機の安全装置を作動させてしまって通電できなくなった・・・・?

ほかに、どんな事例が想定できるかな?

スタンガンではイノシシ失神させることができなかったと、数名から教えていただいています。
剛毛をそって、皮膚を洗ってからスタンガンを接触させたら効果でるのかもしれないと考えています。

   一時的な筋肉麻痺だけの場合は、イノシシからの反撃が非常に危険です。

   電殺器の知識は以下から詳しく得られます。

   http://newfuel1.com/kariken/densatu.html


   官公庁からの御注文いただいています。納入実績多数です。

   2割〜3割は 30年以上の狩猟経験者のベテランの方々からの御注文です。
   確実な電殺パワーと、クリーンで安全なのが高く評価されています。
   捕獲場所が荒れないので、次の捕獲までの期間短縮になると喜ばれています。

   狩猟経験5年未満の方は、2割前後です。
   捕獲したイノシシや鹿を運搬する軽トラックの荷台が トンデモナイ 状態にならないのが電殺です。
   あちこち、突き刺してボロボロになってしまったジビエ素材への反省から電殺器を購入されます。


   使いやすくてパワーいっぱいです。







posted by 狩研 at 00:48| Comment(0) | 電殺基礎資料

2017年04月21日

一番危険で安全対策

電殺器の現地説明研修会において、市役所の有害駆除担当者から質問がありました。

   市役所からの質問 : 一番危険で、安全にするのは何ですか?

   狩研究会からの返答 : 規格検査合格の手袋です。

               ゴム手袋では、数値から安全性が保証できないと思われます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  狩研究会の電殺器は当初よりパワーアップしています。

  初期型では、電流 アンペア A 1000mA が小さかったのでホームセンターの台所用で対応。

  電殺器のパワーをアップさせたので、薄いゴム手袋やポリエチレン手袋では安全条件が無理。


  ドラッグストア・スーパー・コンビニ・ホームセンターでは販売していないと思います。
  電気関係の専門職が使用するホンモノが必要になるほどに狩研究会電殺器はパワフルです。

  
  狩研究会の電殺器は針先が脱着できる法律適合です。
  手元スイッチは低電圧なので感電危険が小さくなっています。
  左側電極はクランプかコイル電極の接触式なので、条件選択が多様になる安全配慮です。


  2017年夏型を準備しています。
  霧雨条件での安全性向上などを企画しています。
  イノシシ心拍数に対応した f Hz と、mA を考察中です。
  デバイスを変更するかもしれません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ここは 狩研究会のブログです。
 
   狩研究会の電殺器は、以下の公式HPでもくわしく解説されています。

   http://newfuel1.com/kariken/densatu.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年07月27日
新型 電気ヤリ 
http://kariken.sblo.jp/article/180463735.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






  狩研究会


  





posted by 狩研 at 00:59| Comment(0) | 安全な仕様

2017年04月18日

御不満と、話せばわかる・・・

電殺器を購入されてから問い合わせがある事例として、模倣製作目的がかなりあるようです。
どうして、こんなに太い電線を使う必要あるのだとお怒りの方がおられます。

電気は電線が太いほどに確実に大きな電気パワーを確実に伝えます。
そもそも、必要な電殺器のパワーを理解できているのならば とても太い電線は普通で、当然です。

細い電線を使いたいけれど、算数の電気計算や、安全率などを普通の設計手順で順次点検していけば、
ほとんど自動で こうなってしまいます。


特許とか実用新案とかの利益保護よりも、操作者の事故・損害賠償や危険回避を考えています。
狩研究会の電殺器は、ソコソコ かなり イロイロ考えてパワフルで、必要な安全配慮を思考しています。

具体的には指摘していますけれど、とんでもない危険な電気とめさし情報がインターネットにあります。
そのうち、とんでもない損害賠償の新聞報道やニュースになりそうな事例があると感じます。

狩研究会の電殺器は、きちんと明確に理屈や検査結果を持っています。
そもそも、事故回避は配慮しています。

こまごま、面倒な ていねいな作業をして出荷しています。

安くないけれど、高くない価格とさせていただいています。


狩研究会
posted by 狩研 at 01:58| Comment(0) | 安全な仕様

2017年04月09日

電殺用バッテリーとは

理屈は実際の現場で試されて実績となります。
電殺用バッテリーの能力に関する話題です。
イノシシや鹿用の、大型動物用電気ショッカーのバッテリーです。

2015年から、3年以上も電殺器を使用していなくて故障診断して欲しいと一式が送られてきました。
狩研究会電殺器の初期型で、BOX収納されていない玄関ピンポンチャイムボタン方式でした。
低価格優先から、現在の安全・耐久性・使いやすさの総合型に移行する途中の、安い電殺器仕様でした。

バッテリーは当時から特性が共通です。
下記画像の2015年型よりも以前の、安い電殺器セットでした。

2015pulse.jpg

当時は附属していなかった、標準附属品のデジタル電圧計で測定すると標準電圧値以下でした。
電殺器と接続すると、なんと・・・・ 動く。

3年以上も充電されずに保存されていたバッテリーで、測定すれば想定範囲以下であったのに動きました。
実際の電殺処理が可能とは断言できません。


バッテリーには、瞬間的なパワーを出す必要のある自動車やオートバイ用があります。
それらは常時充電されて使用されるのが前提です。セルモーターを回す目的のバッテリーです。

電殺器に求められるバッテリーは、自動車やバイク用とは異なります。
しばらく充電しなくてもパワーが残っていて、パワーが持続するという特性が必要です。
その性能が必要なので、狩研究会のバッテリーは少し重たいので、地面に置くかザックで背負う方式です。
重さは、ペットボトル飲料水1本程度の約2リッターと同じです。

脊椎間狭窄症や、椎間板ヘルニアの診断書がでている人には、ペットボトル1本はとてつもなく重いです。

全国各地で狩研究会方式の電殺器は使用していただいています。
どんどん改良しています。

最新式へのバージョンアップをさせていただいています。
購入時の半額程度をメヤスに最新式へと配線類や付属品一式を提供しています。
絶縁検査など、各種安全検査なども当然の範囲として実施させていただいています。

雨天時の使用は禁止ですけれど、安全性向上の各種変更があります。
電殺器は操作者が安全に、確実な強烈パワーで大型獣の心臓を静かに瞬間停止させるべきです。
パワー不足の場合は、左側ケーブルクランプ接触部を点検してください。
塗料があっても問題ない場合が多くて、錆びがあって抵抗値が大きくなっている接触不良を疑って下さい。


獣体が水で濡れていて、電気が過度に表面を流れてしまう場合には電殺処理不良になる場合があります。
電殺パワーは毛皮下、皮膚下の筋肉に通電させて心臓や血管を電気ケイレンさせるのが理屈です。
心臓から血液が流れてこないと脳は失神します。

High Low High Low 高 低 高 低 の心臓からの血流パルスが電殺パワーによって、
High High もしくは、 Low Low  高 高 もしくは、低 低 となって 圧力変動なくします。
狩研究会の電殺器の効果がある理屈だと考えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ここは 狩研究会のブログです。
 
   狩研究会の電殺器は、以下の公式HPでもくわしく解説されています。

   http://newfuel1.com/kariken/densatu.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年07月27日
新型 電気ヤリ 
http://kariken.sblo.jp/article/180463735.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




狩研究会





posted by 狩研 at 01:41| Comment(0) | 電殺基礎資料

2017年04月06日

電極が曲がる 電殺シーター特性

狩研究会の電殺器には初期から、刺突電極にシーター特性を持たせています。
大型獣のイノシシや鹿に電極を刺すときに動けば電極が外れてしまうので、ほんの少し追随させます。
このわずかな時間だけれど電気が流れる時間が長くできます。

下の画像は、サル向けの電気棒を使って大型鹿を処理したために電極が曲がってしまった失敗事例です。
今回の事例では、追随角度 : シーター を超過しすぎて、電極針に荷重がかかりすぎました。

本来ならば、電極針の根元が傾斜して、シーター角度が発生するので電極針に過度の負担は発生しない。
今回は、傾斜角度:シーター特性が小さなサル用の右側刺突電極を大きな鹿に使って、電極針に負担がかかりました。

もっとも、今回は正面に向き合った状態で鹿胸に右側刺突電極を刺したので、
体重がまともに電極針にかかってしまったので標準電極であっても曲がったかもしれません。

right_element01.bmp

サル用捕獲メッシュ距離、網目間隔が狭いので電殺を細い直径の電気棒にしています。
細くした結果、シーター特性が小さくなって小型獣ならば問題となりにくいけれど、
大型鹿が手前に倒れ来て刺突電極が曲がってしまいました。

修理は万力:バイスに固定してペンチなどで曲げ戻して下さい。
修理後は標準附属品である、現場通電確認小型灯で通電確認してください。

狩研究会電殺器の御購入者様からの修理相談は今後の製品改良に役立てています。
修理費用は御見積させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年07月27日
新型 電気ヤリ 
http://kariken.sblo.jp/article/180463735.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ここは 狩研究会のブログです。
 
   狩研究会の電殺器は、以下の公式HPでもくわしく解説されています。

   http://newfuel1.com/kariken/densatu.html




狩研究会
posted by 狩研 at 16:44| Comment(0) | 電殺基礎資料

2017年04月04日

電殺器説明会画像 兵庫

電殺器の取り扱い説明は電話で充分なものの、現地での実際説明は安全使用を高めることができます。
今回は納入業者さんが近接2市を担当されていたということから合同説明会となりました。

年度末までの実施ということで、かなりあわただしくなりました。

CIMG1339_mini.BMP

今回の地域は、イノシシ生息に好適環境に思いました。
今後数年で、かなりの頭数に増えるは間違いないようです。

1333_mini.BMP

箱オリのトリガー部などを見れば地域における捕獲伝統が推測できます。
全国各地でトリガーは多彩で、
古くからの捕獲実績豊富な地域を比べると、同じではないけれどトリガーに共通性を見つけられます。

電殺器の現地説明会の良いところは、いろんな疑問に即座に応答できて、さらなる疑問に応えられます。

いろんな誤解をすべて解消することはできないけれど、危険性を指摘すると 知らなかったと驚かれます。


狩研究会
posted by 狩研 at 12:09| Comment(0) | 安全な仕様