2017年02月24日

ワイヤーわな電殺

2017年2月23日 四国地方より電話がありました。
足ククリワイヤーにかかった鹿に電殺の効果が・・・・

幾度も携帯電話で現場との往復を行って、結局 鹿の口に左ケーブルクランプして瞬間処理完了。

使用されたのは、箱オリ標準型の狩研電殺器でした。
ワイヤーワナの場合、左側電極は コイル電極 が便利です。
金属ワイヤーのフックもしやすいし、鼻や口への接触電極とできて確実です。

標準型の電殺器は万能タイプで応用が広いものの、特定状況には専門 特化 した用品があります。
全国各地の市役所や役場、猟友会およびベテラン猟師からの使用実績を反映して改良しています。

最新仕様には追加費用で対応させていただいています。


予想よりもパワーがあったと、多くの方々に喜んでいただいています。

何よりも、安全で確実なパワーが必要と考えています。
箱おり・ワイヤーわな・ネットからみ・細め捕獲箱・道路接触動物処理・住宅街侵入動物処理は電殺好適。

使っていただければ、パワーと安全配慮に満足していただけると考えています。


見積書を提出させていただいています。

携帯電話 090-4648-9467 

狩研究会
posted by 狩研 at 01:21| Comment(0) | 電殺基礎資料