2016年10月19日

法的な賠償 不法行為

電殺器の問い合わせのなかに、感電事故の場合の保証はどうするのかという町村役場からの問い合わせある。

狩研究会の応答事例 :
そんな危険を回避できないような町村役場には販売しないので、大丈夫です。。。。

危険な仕組みだから、イノシシ 鹿 クマ アライグマ などを迅速に 安楽死させることが誰にもできる。

電気で、アッ 瞬間  心臓や肺を硬直させて  動けない硬直状態を維持させます。


法律から、誰かが事故で被害者になれば 当然に 誰かが損害賠償をしなければなりません。

危険な電殺器の自作を教えている事例があるとの連絡があります。
伝聞するところでは、かなり危険で問題となる不安が大きくあります。

狩研究会は、有料での現地指導をしています。
事故のないように、細かく指導しています。

狩研究会の電殺器は、多くの方々からの使用実績を反映させて改良進化させています。

安全対策をいくつも実行しています。


狩研究会

つまり、きっちり 教えています。 
posted by 狩研 at 23:55| Comment(0) | 電殺基礎資料

2016年10月16日

イノシシ3頭

本日、箱オリにイノシシ3頭捕獲。
隣村の老人会会長と共同で設置している、隣村の隣の隣の隣・・・ あっているか? あっている。

獣害防止柵の外、山側に設置してある 市貸与の無料箱オリ。

イノシシは報償金が 1頭あたり ¥15000- 壱万伍千円。  3頭なので・・・ ふむふむ。

周辺の年配者に声をかけているものの、農業被害防止には ほぼ無関心。

捕獲ワナの設置よりも、捕獲してからの後始末が大変なので、ワナ架設は 極めて少数です。

伝統技を模倣されて乱獲になるのも困るし、わけのわからないでっち上げ違反のウソは疲れた。


誰も本気に有害駆除なんて望んでいないのに、捕獲しすぎてウラマレル。

ここまで増えたら、だれでも獲れる。技や知識なんて 何も必要ないほど 獲れます。


狩研究会は、あれこれ いろんなこと考えて 獲るけれども、獲らない知恵もあります。
農林業者や役場や、何よりも地元が関心ないのに捕獲しては 逆恨み されます。


とりたければ獲れる それが 伝統の狩技です。

狩研究会
posted by 狩研 at 22:50| Comment(0) | 日記

2016年10月12日

自作の電殺器あれこれ

猟友会の役員と雑談していて、今日もイノシシを2頭獲った。最近よく獲れるとか。
その方は、自分で作った電殺器を使用しても、倒れても起き上がってくる。ヤスリを尖らせて突いている。
さらに、その方の知り合いでもあり、私も面識ある方は 電殺器を使ったら 心臓の血管が破れる とか。

具体的にどこの部分が悪くて、何が不具合で そういう 普通はおこらない現象 がでているのか?
倒れても起き上がったくるというのは、刺突電極が悪いのかもしれないし、左側電極のボンディング抵抗
が原因であろうとの疑いもでます。

心臓の血管が破れるというのは、全く見当がつかない。多くの解体をして心臓を取り出しているけれど、
そんなことは全く経験したことがない。

電気刺激で獣体が 麻痺 するのであって、筋肉が硬直して 心肺機能が停止することで血流循環が停まる。
通電の時間も関係するけれど、電気の流れが小さいと 部分的な筋肉硬直だけにとどまっているかも。
そうすれば、起き上がってくるというのは 当然の結果となると思います。

電殺に関しては、無償であっても 助言をすることで事故がおこった場合に、いろんな法律責任がでてくることもあります。

そもそも、適切な助言がどこまで期待できるのか、さらに助言を正確に反映させているのか。

あれこれ、あれこれ いろんなことがあるようです。

電殺器の基本として、
自分が感電したときに、通電が連続しないようにするのは最低条件です。
感電しない事前対策は当然で、それでも感電することはありえるので、連続通電しないことが重要です。


通電不足で起き上がってくることよりも、操作者や周辺の同伴者への危険防止が重要です。


狩研究会

posted by 狩研 at 18:44| Comment(0) | Q&A 電殺器への質問

2016年10月03日

クネクネ キンクワイヤー

おどろくほど、熟練者は常識とは別世界にいるという目撃談です。

師匠は、くわえタバコでワナ設置し、15分以内にすべきで できなければ後日にすべきと。

素手で、ヘビースモーカーなのに イノシシや鹿は タバコ臭は好きなんだろうか?


3mmワイヤーの 4mなのに、捕獲できたワイヤーほど信頼できるとか クネクネ キンク。。。
常識とは、別世界の熟練者の こまごま なるほど 繊細な かくああるべきという標準作業があります。


日本で一番だとは、決して思っていなくて だれだれが もっとすごかったとか・・・

私の記憶容量では、無理でした。


脚くくりワイヤーの原価は ¥500未満で それ以上は意味ないとか・・・

サラリーマンの休日作業、ホームセンター利用の自作では 無理 です。
テマヒマ あまりに そこまで、無駄な浪費時間を投入するのかと  弟子の私は あきれていました。

肉ならば、スーパーで買えるし。 
鉄砲を撃ちたければ 射撃場でバンバン納得いくまで、疲れるまで撃てる。

一番には なっていないと 師匠はいつも笑っていました。
一番かどうか、興味ないとのこと。


私も、順位は たぶん・・・・ あまり前のほうではないと キッパリ確信。

クネクネ キンクした あんなワイヤーなのに・・・・  狩研究会の研究員には現物送付しています。


私が持っていても、何の価値もないので ドンドン バンバン 送付しています。

師匠の現物ワナ パチンワナ と 3mmワイヤーのすごさ。 理解できる人が各地でいます。

一番高いのは 四国や九州の有名なのが あるらしい。 かなり捕獲できるとのこと。
一番安いのは 関西や九州など、東北などにもあるそうです。


狩研究会は 高くもない、安くもない。 こんなんです。 競争していません。


狩研究会
posted by 狩研 at 01:36| Comment(0) | 日記

2016年10月02日

優先順位

狩研究会の基本的な考え方を紹介します。

1:銃砲による捕獲の場合
2:ワナ免許による捕獲設置条件
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1:銃砲による捕獲の場合
  一般例  : 矢先安全 仲間発砲安全で、撃ちやすく、見つかりにくい場所。
  狩研究会 : 矢先安全 仲間発砲安全で、 獲物がでてくる場所なら むき出し待機する。

2:ワナ免許による捕獲設置条件
  一般例  : 過去に捕獲した場所 通過痕跡の多い場所
  狩研究会 : 捕獲後の搬出が容易な場所 
         他の狩猟者等に見つからない場所もしくは、常に人目がある場所

狩研究会は、待機が悪かったとは ほとんど考えません。
犬が キチント追えば 必ずでてくるはずです。マチの経験や腕が悪いのでない。
勢子の連絡不足や判断未熟が失中の多くの原因と考えて、お互いに謙虚であるべきです。

キチンと追えば、必ず いつものように でてくるはずです。

箱ワナは、エサのやりかたが悪いと駄目です。
さらに、設置場所と 向き が重要です。

へたくそがいれば、数百メートル以内は 恩恵うけますので、黙って わくわく します。
警戒して、あなたのワナに接近する確率が高まります。


狩研究会

posted by 狩研 at 03:04| Comment(0) | 日記

狩猟プロの続出

狩猟登録申請の受付がありました。

配布された、過去半年の報償金明細では 平均で ¥10万円以上の報償金支給になりました。
近隣で、もっとも小規模なのにさえ この捕獲実績にはおどろきます。
  私のように有害駆除従事日数が、平均出動日数より小さい人も多くおられ、あくまで平均です。
  出動日数による報償金制度は数年前に終わり、現在は 捕獲実績による配分方式です。

  年間で捕獲報償金が ¥50万 ¥100万 という実績者が市内では かなりの人数のようです。
  ¥100万超えが幾人もいる近隣の猟友会が複数あるようです。

それほど有害駆除対象の 鹿 イノシシ 猿 が増えているということです。
近隣の猟友会の役員と話しをすれば、確実に捕獲数は減少しているとのこと。

地球温暖化や狩猟者の高齢化などという説明があるけれど、

環境省によるワナ規制強化の失敗が、有害駆除対象動物の増加になったと考えています。

狩研究会の提案として、

1: 直径 50cm以上の捕獲輪の許可
2: 3mmワイヤーの使用許可
3: クマ目撃・生息が3年以上ない地域が隣接していれば 上記条件を認める。

この2点だけでも配慮されていたら、近年の被害が発生していなかったはずです。

具体例を見たいのならば、結果がでたら改悪部分を復帰させるという確約あるなら、見せます。
ただ参考に見たいなら、見せません。


狩研究会

posted by 狩研 at 02:23| Comment(0) | TV 新聞 ニュース