2016年08月25日

電殺事例 乾燥した底土

晴天が続いて、箱おりの床が乾いていました。
ペットボトルの水を上から注ぎ、洗面器の面積程度を充分に水分を含ませました。

鹿の足裏を通電しやすいように湿らせる狙いでした。

20160825 002_mini.bmp

電気の流れが良い場合と同じように 即倒したものの ガタン ガクン と2段で倒れました。
電気の流れが悪いようでした。
水分が多い条件だと、一瞬で硬直した状態で失神して倒れます。

20160825 005_mini.bmp

狩研究会
posted by 狩研 at 17:22| Comment(0) | 電殺基礎資料