2016年07月18日

静岡 西伊豆の感電事故から1年 1クーロン

獣害対策用の電気柵事故から1年です。
問題点の指摘は多くの専門家や報道で広く知られています。

狩研究会としては以下の問題点を指摘します。

 2015年 静岡 西伊豆の感電事故の問題は、電灯線を電源として連続通電していたのが問題の所在。

類似の危険としての、狩研からの注意喚起
  a: 電源を問わず、スイッチONで通電継続するのは非常に危険。
  b: 発電機を直接に使用するのは非常に危険です。
    漁業方面で溶接器を使用する場合は電圧が低いと思われ、電気が流れやすい水中での事例であり、
    マグロショッカーとイノシシ、鹿との条件は異なります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2015年07月19日
動物よけ電気柵で7人感電、2人死亡男児ら重傷 西伊豆
http://kariken.sblo.jp/category/4122508-1.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

問題点の指摘で本質的でない報道も多くありました。

1: 100Vの電灯線電圧を440ボルトに昇圧していた、これは本質でないと考えます。
   昇圧せずに100ボルトを20m程度の延長したとしても裸線ならば非常に危険です。
   屋内分電盤の家庭用ブレーカーでは、15A 20A という高い電流で作動します。

2: 設置の表示・危険性の警告掲示がなかった、これは本質の理解を妨げます。

3: 自作の電気防護柵であった、これも不適切な理解です。

4: 安全装置が設置されていなかった、これは非常に多い解釈であるけれど不適切です。
   安全装置の適切な選定と設置は、かなりの繰り返し実証で採用できるのであって、安全装置が
   あれば機能できるとは期待が過剰です。

   安全装置は、
   誤作動させてしまうので調整していくとき、安全機能が発揮できなくなる設定になる危険があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現実として、どれほどの電気量が危険なのか?

危険な状況とは思えなくても、1アンペア 1秒    1A×1秒=1クーロン で確実にアウトです。

電殺器でイノシシや鹿への経験を積んでくれば、刺突の瞬間に硬直します。
もし1秒でだめならば、導線不良などの抵抗値が大きすぎる場合があります。

あるいは、抵抗値が不適切で、過剰電流が流れることで、1秒の連続通電ができていません。

現地では、獣体反撃事故を防止する観点から 充分に確実な通電時間を実施しています。
長く通電するのは安全からの配慮であり、
瞬間で効果でないのならば機器や刺突場所などが不適切だと考えるべきです。


狩研究会
posted by 狩研 at 12:35| Comment(0) | TV 新聞 ニュース

2016年07月11日

電殺通電時間と効果

電殺時間はどれくらいで効果あるのか、との質問が多くあります。
心臓に通電することで拍動を停止させ、脳幹に作用して拍動が停止するとも考えています。

心臓の大きさの大小は、通電パワーに比して、あまり問題にはならないと考えています。
具体的に説明すれば、
小さなイノシシと大きなイノシシの心臓のサイズ大小は電殺効果において差異が小さい。

小さな鹿と、大きな鹿でも心臓のサイズ大小は電殺効果に影響がでるとは考えていません。
ほぼ同じであると考えています。

通電効果.JPG

文献情報において、上記表の事例が報告されています。
電気の流れは条件によって大きく左右されます。

狩研究会の電殺事例では、
箱オリの場合、複数捕獲によるイノシシや鹿の妨害によって刺突通電が継続できない場合があります。
電極棒に噛み付いてきたり、体当たりで電極針が獣体からはずれます。
おおよそ、10秒以上連続通電できた場合には蘇生しないようです。
条件が良ければ、5秒程度で蘇生不可逆状態になるようです。

獣体反撃による事故防止から、通電停止後の観察時間を充分にとって、再通電を行っています。
舌をだしたまま、目を開けたまま、肺からの大きな排気音を聴く、
などの確実な形態があっても再通電しています。

  あんな鋭い牙やツノで裂かれたり、突かれたり、噛み付かれたりは痛いだろうから念入りです。

狩研究会は、短時間通電で充分な効果があるので感電の危険を指摘しています。
動物への通電時間の長短があれども、感電への危険性は同じだと考えています。

獣体への水かけは獣体表面に電気が逃げてしまう場合があるとも考えています。
足元の導電性を高めること、イノシシが足下の水をなめて背中に刺突電極を差し込みやすい状況になる等、
水かけの恩恵はあるけれど、電気は流れやすいところを流れるという特性を忘れてないようにしましょう。

電気が流れやすいと、極端な場合は 短絡 ショート となります。
電話で少し対談すると理解が早くできます。
購入者には電話で説明させていただいています。


狩研究会
posted by 狩研 at 19:33| Comment(0) | Q&A 電殺器への質問