2016年03月29日

シーター機能 角度追随

電気ヤリの右側を、右側電極棒と呼ぶことがあります。
ややこしく誤解している人が多くて、あえて狩研方式の呼び方をします。
右側は刺突電極で、シーター機能があります。

シーター とは、角度を表現しています。
右側電極は、獣体に突き刺したとき移動追随して通電時間を確保します。

   固定して角度変化しない電極だと、突き刺したタイミングで痛くて獣体が動いて電極が外れます。
   固定している電極だと通電していてもケイレンでズレテ ハズレます。
   100分の数秒だけれど、狩研方式は追随してパワーを投入できると考えています。

最近に多く出荷している電極回転ネジ型は、シーターが小さいです。
   本当は初期型のホースパイプ型が優秀なのですけれど、専門家向きです。
   初期型のシーター機能は抜群です。
   初期型のホース絶縁タイプは、北海道などの寒冷地での手袋操作に対応できません。
   初期型の特性は獣体移動でも、通電時間を期待できるという優秀さがあります。


シーター特性あるから狩研究会の電気パルスヤリは効果があるんだと自負しています。
ほんの少しの時間だけれど、パワーが流れ込む時間が確保できます。


電気絶縁性と獣体移動追随性を考慮しています。
右側電極棒の長さや、太さも電気抵抗として考慮しています。

こまかい配慮を多彩に、たっぷりしています。
各種の専門工作機械や、特殊工具でしか加工できない作りこみしています。

見た目では、何がいかがなのか理解できないと思います。
使うほど、意味が理解していただけると自負しています。


狩研究会
posted by 狩研 at 22:42| Comment(0) | 電殺基礎資料

2016年03月21日

アース 漏電 コモン 電圧 電流

問い合わせのなかに アース を誤解している人が意外に多くおられます。

ボンディングをアースと混同している人が多くあります。

電気を逃がして、安全になる対策を実施するのが アース です。大地に逃がします。

漏電は、電気が抜け出て正常回路で流れていない危険な状態です。感電する危険があります。

コモン、は母線とか呼ばれることもあり アース と混同されることが多くあります。

わかりやすい解説が以下にあります。


  関東電気保安協会
  https://www.kdh.or.jp/safe/document/basic/short.html


電殺器の電流を尋ねられる人がおられます。

自作しようとされての質問だと思いますけれど、そんな知識水準では使用にあたり危険すぎます。

パワーは 理屈として解説するのならば、クーロンだと考えています。

電圧でなくて、流れる電気と時間  河川の水量のようなものであって、瞬間流量と時間が基本です。


   インターネット自作の多くは 倒れこんだらいつまでも電気が流れつづける危険があります。
                 左右の電極が接触すれば通電する 活線 状態は危険です。
                 発電機や電灯線からの 引き出し線 状態での使用は危険です。

   インターネット自作のほとんどは スイッチ部に水が浸入したら パワフルに感電 してしまう。
                 押しボタンスイッチの構造と形状仕様は変更しています。
                 初期型は雨天・降雨・降雪などでは危険でした。
                 現行型は改良型で、感電危険を少なくさせています。


  先日も、ある人に危ないですよと指摘したら、 

      そんなことあるかい。大丈夫に使っているぞ・・・・・・


  大丈夫に使っているからこそ、危ないですよと指摘したんです。

  使うことを繰り返しているから 危ない のです。



狩研究会

posted by 狩研 at 10:47| Comment(0) | 電殺基礎資料