2016年01月19日

効果よりも再現性と安全

イノシシや鹿が反撃すると非常に危険です。

イノシシのオスは、牙で突き 切り裂き 噛み砕き 体重を利用して突進もします。
イノシシのメスは、接近させて噛み砕きます。

鹿のオスはツノで突き、すくいあげで切り裂き、斜めで切り裂きます。
鹿は、雌雄問わずに 猛烈な蹴りを自由自在の向きに連続で繰り出します。

カモシカは、犬などに頭突きを 非常に早い繰り返しで連続させます。

上記は、私の個人的な体験です。


私の狩猟歴は25年程度ですけれど、狩猟歴が50年以上の先輩諸氏からの体験談の情報交流しています。

電殺は、安い作りでも作れないことはないほど現代はホームセンターなどで部材入手できます。

スタンガン、テーザー銃・ティーザーガン などの情報も豊富にあります。

  欧米の警察や軍隊や警備会社が使用する電気銃は日本では禁止です。所持も販売も輸入も禁止です。
  その電源は乾電池です。
   バッテリーではなくて、スーパーやコンビニやホームセンターで入手できる 9ボルト 9V。
  角型の積層乾電池と呼ばれる型式を1個使うようです。 
  出力パワーは 10万ボルト 28ワット程度 のようです。

  そんなパワーでさえ、過去に500名以上の死亡者がでているそうです。

自作を考えている方々には知っていただきたいのが、再現性という繰り返しの安全です。
できる、そんなのは当然です。

必要なのは繰り返し、再現できる可能性という 安全性です。

  電殺機器における確実な数値とされる基礎知識
  @ 1アンペア 1秒 確実にアウト
  A 30mA あやうい。 50mA ほぼアウト
  B 35ボルトは危険、45ボルト以上は かなり危険
  C 電線の被覆は、屋外での耐性がない制御盤内導電線では無謀すぎる危険
  D テーザー銃は、28W前後なのに人間の死亡事故が500名以上も発生しているそうです。

  抵抗率や、電流は条件に依存する知識ないままに自作は無理です。
  磁針、コンパスや地図持たずに登山するような無謀な迷惑行為にならないようにしましょう。

  テスターや、オシロスコープを持っていても知識として不十分な場合あると知って欲しい。
  メガーテストも実施すべきです。

  狩研究会の電殺装置は、ボール盤はもちろんで旋盤やフライス盤を使用して作っています。
  専用工具での圧着を実施したのち、高温の温度管理した半田溶着を行っています。

  そこまでの実行があって、再現性という安全を追究しています。

狩研究会は、各出力や総出力も電源も選べる電殺器を提供しています。
  出力を可変・調整できる電殺器を製造販売しています。 

  販売代理店募集です。


  狩研究会
posted by 狩研 at 02:40| Comment(0) | 安全な仕様

2016年01月17日

おいしくて簡単な部位

狩猟歴が、私の倍ある先輩諸氏は私が部位別に調理を探求しているのに好意的です。
狩猟歴が40年とか、50年とか すごく元気な先輩諸氏が幾人もおられます。
私よりも高いマチ場まで、後輩を順次配置されながら登っていかれる方々には驚きます。

その先輩方は、私がいろんな部位の調理を探求しているのに驚かれます。

そんなん くうのけ?

20160116 tongue.jpg

先輩方にあっては、
シカ背ロースでさえ、犬にやるからとっておけと若い人に指示して持ち帰る事例があります。

人間関係を円滑に賢くするには、誰も欲しがらない部位を持ち帰れる慣例構築が肝要です。
狩猟をするのならば、野生を食べてこそと考えています。

狩研究会の考え方は、人間関係における 無用な議論を避け、大自然から祝福されることです。


タンは、沸騰した湯で殺菌と、雑味の アク を幾度もすくってすて、
冷水で洗い流し、再度の沸騰水処理をしてからタワシで表皮を除去する。

薄皮は残るけれど、残るほうがオイシイ。

ゴマ油 塩 コショウ あらびきコショウ などがおいしい。
クローブ ナツメグ は野生肉料理には不可欠なものの、タンは ゴマ油・塩とコショウ がおいしい。

IH 電熱器で 食べながら焼く、コリコリ 熱湯処理をていねいにしているので クサミ 少ない。

ワサビは やや シカのクサミがでてしまいます。

タンを切除するのは安いヨーロッパ製ナイフを使っています。

国際的に有名な、スウェーデンはがね 素晴らしいキレアジ  
日本円で ¥3000−未満だったかな? モーラーナイフ を使っています。

シカ背ロースはがし、刃長さが短いので内臓を切らずに背ロースをすばやく切れます。
刃が長いと、便利な場合もあるけれど、不便もかなりあります。

狩研究会



2016年01月08日

違法な構造 隠し刃 仕込み刃

止め刺しヤリ、とどめさし用刃物のに関する話題です。
インターネット情報は間違いや、誤解があって模倣は危険な場合があります。
以下の事例には注意すべきと指摘します。

銃刀法もしくは軽犯罪法によって処罰される危険がある事例です。
迷惑防止条例なども適用されてしまう危険があります。

1: 刃物や針状突起が固定されている棒の所持。自動車への積載。
2: 刃物や針状突起が外筒などで隠され、押し込めば出現する隠し刃 仕込み刃 とみなされる構造。

獣体に対する効果ばかりを優先に考える傾向があるのは非常に危険です。
法律などの解釈は現場運用で大きく異なります。
現場の警官が高圧的で、横柄な言動をおこなって抗議したとき 公務執行妨害 となる危険があります。
できるだけ、法律解釈の議論を避けるのが賢明だと考えます。

問題の所在は 法律ではありません。
問題のありかは、違法性を疑わせないことです。
正しいとか、合法だとかの解釈でなく現場での当事者にならないことです。

狩研究会の電殺ヤリは、先端が脱着できるようになっています。
針状突起電極は別の収納されており、電殺処理を実施する直前に 差込・ネジコミ をします。

小型の点灯確認ツールが付属しています。この点検ランプからは2本の電線がクリップとなっており、
左側クランプと右側針状突起電極にそれぞれクリップすれば、現地で通電確認できます。


狩研究会
posted by 狩研 at 16:37| Comment(0) | 危険に注意

2016年01月02日

鹿タン

入手しやすくて、おいしい鹿部位がいくつかあります。
今回は、鹿タンを紹介します。
鹿の舌です。
tongue_mini.bmp

鹿タンは組猟である犬追い猟では得られやすいでしょうけれど、スマートに切除する必要があります。
犬追い猟のメンバーには個性的な人格が多くて、他人をけなすことで成り上がれると誤解している人が多い。
劣等感がゆがんだ、複合体である劣等感コンプレックスのある人が非常に多いのが犬組猟です。

単独猟の経験を積めば、どんな部位でも自由自在に調理して食べているので知らない事無い。

単独の経験があるほどに、辛抱もできるし迅速な処理もできます。
悪い、マチガッタクセの無い。
キッチリ、ゆっくり ぼちぼち じっくり 捕獲と解体と調理を体験しましょう。


画像は、沸騰水で20分ほど処理してタワシで白皮を除去します。
この後、

1:適当な厚みで切断する。
2:良質なゴマ油と、塩のみでの鉄板焼き。
3:楽しむならば、クローブ粉末とナツメグ粉末は必要です。

心臓や、腎臓も一緒に沸騰水で処理できます。

レバーは牛乳に漬けた後に、別に沸騰水で処理して 浮上するアクを幾度も除去し、
ゴマ油塩での鉄板焼きが意外にクセなくておいしいです。

肝臓の寄生虫や、肝臓血管内壁なども沸騰水で清潔にできて、流水で冷やせば雑味も除去できるようです。
  鍋に、姿のままでてきて食欲喪失しないように、見せないように調理しましょう。
  カンテツが、ほぼいます。ナマ食は余命1年未満決定者の特権だと思います。

キジバトのおいしいレバーのような、おいしい鹿レバーになります。

背ロースは2週間ほど冷蔵庫で熟成させるほど柔らかく、より美味になります。
即日に食べないとおいしくないのが、腎臓や肝臓や心臓だと思います。

ヘレ フィレ 内ロース 呼び方は複数あるも、同じ部位。
どうすればおいしいのか、探求中です。
厚みないし、処理不具合をマトモに反映するようです。

狩研究会

電気ヤリの構成実例画像

電気ヤリは周辺環境を荒らさない、ので同じ場所での捕獲が短い期間で可能です。
 狩研究会のバッテリーは少し重い、約2kgです。
 実績として、補充電なくして、鹿4頭を処理できています。

電殺器の構成画像が以下です。

20170102_up01_mini.BMP

画像の箱ワナは甲賀市貸与の片トビラ型です。
落下トリガーセットを間違う人がかなりあります。

滋賀県甲賀市周辺では、
伝統方式のトリガーの伝承ができていると現認しているのは 日野地区 土山地区 だけです。
狩研究会で呼称している 神社鳥居方式の正確型と、変形飛行機型のみが観察できています。

奇妙なトリガーは一杯あって、意味不明なほど複雑に変化しているのが多いようです。

過去の25年で、日本古式の伝統トリガーを数種類のみ知っています。
全く近隣では見たことない方式も複数あります。


狩研究会
posted by 狩研 at 21:47| Comment(0) | 電殺基礎資料