2018年04月21日

ワナからメール IoT

2018年4月より、『 ワナ から メール 』の予約を開始します。
『 ワナ から メール 』とは、携帯電話回線を使った Internet of Things(モノのインターネット)です。

携帯電話が通じる場所に設置 ⇒ メール通信 : スマートホン・パソコン 
本体価格 ¥59,800 〜  通信料 ¥1,000/月 程度
仕様構成によって価格は変化します。

購入者検討をされる方には、通知メール見本を無料で指定アドレスへ送ります。

御相談下さい。
狩研究会の 『 ワナ から メール 』 は標準仕様の検討中です。
御協力を御願いします。

狩研究会は、大きなイノシシや鹿でも迅速に不動化させる電殺器を販売しています。
電殺器の詳しいホームページ http://newfuel1.com/kariken/densatu.html

  狩研究会電殺器のパンフレット http://green.ap.teacup.com/biofuel/html/eps.pdf


  狩研究会
  携帯電話 090-4648-9467
  メール  kappaboss@aol.com
posted by 狩研 at 18:49| Comment(0) | 装備

2018年03月02日

小イノシシ 3頭電気とめさし

2018年3月2日 イノシシ3頭捕獲

毎日エサを求めてイノシシが来る箱ワナがあります。
本日の捕獲は、別の箱ワナでした。
201803 092_minimoji.jpg

Y氏が見回りに行くと、イノシシが箱ワナの外で動いていたそうです。
良く見ると箱ワナの中に小イノシシ3頭入っていたとのことです。

電殺処理だからこそ警戒心を抑え、良く獲れると感じています。


  詳しいホームページ http://newfuel1.com/kariken/densatu.html

  狩研究会電殺器のパンフレット http://green.ap.teacup.com/biofuel/html/eps.pdf


  狩研究会
  携帯電話 090-4648-9467
  メール  kappaboss@aol.com
posted by 狩研 at 19:35| Comment(0) | 日記

2018年02月17日

電気とめさしの知識 手袋

動物の心臓は小さな電気信号で動いています。
電気風呂や電気治療器のピリピリ・ビリビリによって筋肉が勝手に動くのを体験できます。
乾電池が2本しか入っていなくてもかなりのパワーと長時間動作する低周波治療器が市販されています。
心臓の悪い方で、ペースメーカーを埋め込む治療も世界各地での実績ある身近な装置です。
小さな、ほんとうに小さな電気が流れます。

最近のような乾燥した冬場には静電気で困ることがあります。
自動車のハンドルや鍵穴に触れたとたん、バシッツ と大きな衝撃を受けます。
とても高い電圧の電気ショックです。10KVも流れる場合も珍しくないようです。
いちまんボルトを記号で表現すると、10キロボルト 10KV となります。

電気とめさしにおいて、手袋をするのかと嫌がる人があります。
濡れた軍手をするぐらいなら、乾燥した素手は電気が流れにくいという比較は可能でしょう。

電気工事用の専門家が使用する手袋には電圧によって種類があるようです。
感電を防ぐには薄くては効果が期待できなく、2重になっていたりしています。
ピンホールという小さな穴、小さな裂け目、こすれて薄くなる、と電気が流れやすくなります。
そのような対策として2重になっているようです。

どれだけの電気が流れてしまうのかを考える前に、
どれだけの電気から危険なのかを考えて予防すべきです。
失神してしまう電気を越えているのに、どれほど流れるのかと偏った議論しては駄目です。
どれほどからアブナイのか、対策を実行するのが必要です。

  考えて・検討してみましょう。
      処理対象動物へ、活線状態のまま歩いてはいないか。
      手元操作で、出力パワー片側線を開閉させていないか。
      導電性の高い素材の使用方法として、適切な対応なのか。

  狩研究会の電殺器は安全・パワー・耐久性など総合的に改良させています。

  
詳しいホームページ http://newfuel1.com/kariken/densatu.html

  狩研究会電殺器のパンフレット http://green.ap.teacup.com/biofuel/html/eps.pdf


  狩研究会
  携帯電話 090-4648-9467
  メール  kappaboss@aol.com
posted by 狩研 at 11:44| Comment(0) | 電殺基礎資料

2018年02月08日

大雪とシカ、イノシシ

2018年の2月は猛烈寒波と記録更新の積雪になっています。

近年は積雪が少なくて、山野の野生獣が飢えで減るという事が少なくなっていました。
積雪が多いと林道に軽トラックで入ることができなくて犬猟の機会が減ります。

あれこれ考えてみれば、里山に設置した箱ワナの捕獲率向上が大きな課題であると見えてきます。

捕獲直後からの再捕獲までの期間を短くして捕獲効率を高めるには 場を荒らさない電殺器 が有効です。

雪が多くて山から出てこない、警戒させないで捕獲効率を向上させる知恵のひとつ それは電殺です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ここは 狩研究会のブログです。
 
   狩研究会の電殺器は、以下の公式HPでもくわしく解説されています。

   http://newfuel1.com/kariken/densatu.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

御相談下さい。 携帯電話 090-4648-9467

狩研究会
posted by 狩研 at 19:22| Comment(0) | TV 新聞 ニュース

2017年12月29日

ツイッター

1ヶ月前の11月中旬にイノシシ4頭捕獲した箱ワナで、メス鹿1頭獲れました。
これは電殺器の成果で、警戒心を高めること回避できるから再捕獲までの時間が短いと考えています。
8月末に、ここでメス鹿を捕獲しています。その前は6月中旬にオス鹿1頭捕獲です。

銃声で周辺に潜んでいる動物を驚かさない。周辺を血液などで荒らさず・警戒させない。

ツイッターで短く つぶやき ました。

ツイッターは kappaboss1 です。  狩研究会
posted by 狩研 at 20:35| Comment(0) | 日記

2017年12月05日

京都市左京区の高校にイノシシの侵入

京都市左京区の高校にイノシシの侵入

イノシシのニュースが多くあります。
狩猟期なので犬に追われたのかとも思うけれど、追跡犬の姿が無いように思うので
山林内での工事なんかが関係しているのかなとも思えます。

多くの人がいる場所での銃使用やナイフ処理はできないのでイノシシを押さえ込んで縛るようです。
このような場合、電殺を使用すると迅速に処理できると思います。
ただし、感電に充分注意した対策のある電殺器を使用しなくては危険です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
引用
午前11時15分ごろ、京都市左京区の東山中学・高校にイノシシ2頭が迷い込んだ。校舎の玄関のガラス戸を割るなどして逃げ回り、プールと校舎内でそれぞれ捕獲されたが共に死んだ。直後には別の3頭が約500メートル南西の「琵琶湖疏水」付近に現れた。1頭は京都府警などが捕獲したが、2頭は山の方向に逃げた。

 夕方には紅葉で知られる近くの永観堂禅林寺の境内にイノシシが現れ、同寺は夜間のライトアップを中止した。

 京都市の市街地では今年になってたびたびイノシシが目撃され、11月には左京区の平安神宮近くで、作業員が体当たりされてけがをしている。 
                 毎日新聞2017年12月4日 23時22分(最終更新 12月5日 00時05分)
引用おわり
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ここは 狩研究会のブログです。
 
   狩研究会の電殺器は、以下の公式HPでもくわしく解説されています。

   http://newfuel1.com/kariken/densatu.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年07月27日
新型 電気ヤリ 
http://kariken.sblo.jp/article/180463735.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

御相談下さい。 携帯電話 090-4648-9467

狩研究会
posted by 狩研 at 12:10| Comment(0) | TV 新聞 ニュース

2017年11月20日

イノシシ被害を減らせるはず。

イノシシの被害報道が増えています。
イノシシ被害は減らせるはずです。

  ノシシ、小3女児に突進 衝撃の瞬間の映像 2017年11月20日 群馬県大泉町
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20171120-00000986-fnn-soci

  2017年11月20日 群馬県大泉町
  20日午前7時50分頃、「娘がイノシシにかまれた」と男性から119番があった。
  登校するため自宅を出ようとした小学3年の女児(8)が、
  自宅の敷地内でイノシシに左手の親指と人さし指、左の尻をかまれた。
  病院に搬送されたが、軽傷という。
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20171120-OYT1T50046.html

  2017年11月15日 栃木県栃木市大平町下皆川
  栃木県栃木市の山林で1人で散歩をしていた71歳の男性がイノシシに襲われ、
  手の指の骨を折るなどのけがをしました。
  1人で散歩をしていた近くに住む71歳の男性がイノシシに襲われました。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171115/k10011224231000.html

すぐにできる対策があります。

1: 数年前に禁止されている ワナ直径の大きさ制限の撤廃 ただし、熊生息地は除く。
2: 地元猟友会の地域利権を撤廃して、少なくとも市内全域駆除の許可に変更する。

どういうことか説明すれば、
スポーツハンティングというジャンルの人達が、獲物の捕獲数を増やしたいので ワナ制限 をしました。
それまでは、簡単な設置できる 胴くくり 鼻くくり でかなりの捕獲ができていました。
よりもどしとか いろんな制限によって伝統的な簡単ワナ設置が禁止されてしまいました。

地元猟友会の地域利権によって、数年たった合併市にあってさえ旧町の縄張りが市役所から 有害許可区域
として細分化されています。
地元では、他地域からの駆除活動を排除することで数十万円 あるいは 数百万円 という報償金を確保。
本来、猟友会は管理的な見地からの団体であって有害駆除として活動するには不向きです。
現実として、隣町の猟友会は新規加入を制限して円滑な活動を目指しているとのこと。

   本来のあるべき姿としては、狩猟免許を有するならば有害許可を出すべきです。
   あるいは別途に有害駆除許可に必要な教習を行って、誰にでも 広く公平に許可 するべきです。

   最近の認定事業者制度は運用において迷路に入っているようです。


本当の簡単な解決方法は地域事情によって複雑怪奇になっているようです。
県単位や隣接府県の連携の前に、すぐそこにあり、すぐここにある事情があるようです。
posted by 狩研 at 17:33| Comment(0) | TV 新聞 ニュース

2017年11月13日

いのしし4頭捕獲

2017年11月13日 いのしし4頭捕獲です。
電殺器では静かに処理できるので周辺に潜んでいる 取り残り への警戒感に大きな影響を与えると思います。
つまり、銃声をさせたり悲鳴を周辺に響き渡せることなければ 後日にやってくる。そう考えています。

20171113 016_mini01.png

銃撃したり、刃物で刺突処理をしていた頃よりも捕獲実績が高まっているように評価しています。

20171113 021_mini02.png

狩研究会
posted by 狩研 at 17:39| Comment(0) | 電殺基礎資料